Parallels RAS – Microsoft Azure Virtual Desktop の先進性と優位性

Parallels RAS – Microsoft Azure Virtual Desktop の先進性と優位性

Windows Virtual Desktop は、2020 年に登場した最も優れた出来事の 1 つとして挙げられます。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リモートワークの急速な導入を余儀なくされた企業にとって、Windows Virtual Desktop は瞬く間に有力なソリューションとなりました。しかし、2021 年 6 月、マイクロソフトは Windows Virtual Desktop を Azure Virtual Desktop へとリブランドを行い、DaaS (Desktop as a Service) ソリューションとしての地位を確立しました。

今回のリブランドにより、Microsoft Azure Virtual Desktop は、進化を続けるハイブリッドな働き方をサポートするようになり、企業は拡張性を備えた使いやすい、高性能なプラットフォーム上で、柔軟に個々のニーズに適したソリューションを構築できるようになりました。

「Microsoft Azure Virtual Desktop の先進性と優位性」について マーケティング部長の日下部が解説します。

Share this post