Parallels RAS – 簡易インストール手順(3/4)

Parallels RAS – 簡易インストール手順(3/4)

Parallels RAS の簡易インストール手順をシリーズでご紹介する第3弾です。
いよいよリソースを追加して、デスクトップ公開していきます。いくつか接続方法があります。

5.リソースの追加とデスクトップ公開

Remote PC (RPC) を利用する場合

クライアント OS(Windows 10 など) が稼働している 物理マシンまたは仮想マシンへ、リモートから 簡単に アクセスする ことが可能となります。

■ Remote PC に Remote PC Agent をインストールする。

1.Remote PC 環境 で、 RAS のインストールで利用したインストールモジュールを 、管理者権限で実行し、「セットアップウィザード」の画面が表示されたら、「次へ」ボタンを押下する。

2.「使用許諾契約書」の画面が表示されたら、「使用許諾契約書に同意します」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する。

3.「インストール先フォルダ-」の画面が表示されたら、デフォルトのまま変更せず、「次へ」ボタンを押下する。

4.「インストレーションタイプを選択してください。」の画面が表示されたら、「カスタム」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

5.次の画面で、「RAS PC Agent」を「ローカルハードドライブにすべてインストール」を選択し、それ以外は「インストールしない 」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

6.「ファイアウォールの設定」の画面が表示されたら、「ファイアウォールルールを自動的に追加」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する 。

7.「インストール準備完了」の画面が表示されたら、「インストール」ボタンを押下する。

8.「インストール中」の画面が表示され、インストールが開始されます。「セットアップウィザ ードが完了しました」の画面が表示されたら、 「完了」ボタンを押下する。

■管理コンソールで Remote PC を追加する。

1.管理コンソールを起動し、「ファーム」の「リモート PC 」メニューを表示します。

2.次に、「[+] 」ボタンを押下して、先ほど Remote PC Agent をインストールした PC の IP アド レスまたはホスト名を入力し、「MAC アドレス取得」ボタンを押下し、「次へ」ボタンを押下する。
※ MAC アドレスが取得できない場合は、そのままで構いません。

3.「 PC エージェント情報」の画面が表示されたら、状態が「RAS PC エージェントをインストールしました。」になっていることを確認し、「 OK 」ボタンを押下する。

4.「新しい設定を確定するには “適用( A)”を押します 」 のメッセージが表示されるので、「適用」ボタンを押下する。

5.状態が「 OK 」になっていることを確認 して ください。もし 「 OK 」に なっていない場合は、「 」ボタンを押下し 、ステータスを更新して ください 。

■ 公開設定で、デスクトップを公開する。

1.管理コンソールを起動し、「公開」メニューを表示し、「追加」ボタンを押下する。

2.「アイテムタイプの選択」画面で、「デスクトップ」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

3.「デスクトップの種類の選択」画面で、「リモート PC デスクトップ」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

4.名称に適当な名前を入力し、「リモート PC の選択」の「 […]」ボタンより、先ほど追加したリモート PC を選択 、それ以外はデフォルト設定のままとし、「完了」ボタンを押下する。

5.「公開済みリソース」で、先ほど追加したデスクトップ公開設定を選択し、「フィルター 」タブ の 「フィルター タイプを選択」で「ユーザー」を選択し、 「次のユーザーを許可」をチェックし、「[+] 」ボタンを押下して、アクセス許可をするユーザーを 選択し、「 OK 」ボタンを押下する。 最後に、正しくユーザーが追加されたことを確認し、「適用」ボタンを押下する。

Remote Desktop Services(RDS) を利用する場合

Remote Desktop Session Host が有効になっている Windows Server を用いて、複数のユーザーが 1 つの Server OS を共有して利用することが可能となります。 Windows Server ではユーザー固有の情報をユーザープロファイルとして管理しているため、個々のユーザー情報が共有されることはなく、あくまでも CPU や Memory といったハードウェアリソース やアプリケーションなどが共有利用されます。

■ RDS サーバー に RAS RD Session Host Agent をインストールする。

1.RDS サ ーバー 環境 で、 R AS のインストールで利用した インストールモジュールを 、 管理者権限で実行 し、「セットアップウィザード」の画面が表示されたら、「次へ」ボタンを押下する。

2.「使用許諾契約書」の画面が表示されたら、「使用許諾契約書に同意します」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する。

3.「インストール先フォルダ- 」の画面が表示されたら、 デフォルトのまま変更せず、 「次へ」ボタンを押下する

4.「インストレーションタイプ を選択してください。 」の画面が表示されたら、「カスタム」を選択し、「次へ」ボタ ンを押下する。

5.次の画面で、「 RAS RD Session Host Agent 」を「ローカルハードドライブにすべてインストール」を選択し、それ以外は「 インストールしない 」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

6.「ファイアウォールの設定」の画面が表示されたら、「ファイアウォールルールを自動的に追加」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する。

7.「インストール準備完了」の画面が表示されたら、「インストール」ボタンを押下する。

8.「インストール中」の画面が表示され、インストールが開始されま す。「セットアップウィザ ードが完了しました」の画面が表示されたら、 「完了」ボタンを押下する。

■ 管理コンソールで RDS サーバー を追加する

1.管理コンソールを起動し、「ファーム」の「 RD セッション ホスト 」メニューを表示し 、 「」ボタンを押下して、先ほど RD Session Host Agent をインストールしたサーバー の IP アドレスまたはホスト名を入力し、「 」ボタンを押下し て サーバーを 追加し、「次へ」ボタンを押下する。

2.「RD セッションホストを追加 」画面が表示されたら、デフォルトのままチェックボックスにチェックを入れ、「 次へ 」 ボタンを 押下する 。

3.「スタートアップウィザード RD セッションホストを追加 」画面が表示されたら、「[+] 」ボタンを 押下して、リモート アクセスを許可するユーザー名、またはグループ名を追加し、「次へ」ボタンを押下する 。

4.「RD セッションホストを追加」画面が表示されたら、「次へ」ボタンを押下する。

5.「RAS RD Session Host Agent をインストール中」画面が表示され、「Parallels Remote Application Server Console」のポップアップが表示されたら、「はい」を押下する。

6.「RAS RD Session Host Agent をインストール中」の画面に戻り、インストールが正常に完了したら、「完了」ボタンを押下する。

7.「RD セッションホストを追加 」画面が表示されたら、「完了」ボタンを押下する。

8.「新しい設定を確定するには”適用 (A)” を押します」のメッセージが表示されるので、「適用」ボタンを押下する。

9.状態が「 OK 」になっていることを確認してください。もし「 OK 」になっていない場合は、「 」ボタンを押下し 、ステータスを更新して ください 。

■公開設定で、デスクトップを公開する。

1.管理コンソールを起動し、「公開」メニューを表示し、「追加」ボタンを押下する。

2.「アイテムタイプの選択」画面で、「デスクトップ」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

3.「デスクトップの種類の選択」画面で、「RD セッションホストデスクトップ 」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

4.「公開元の選択」画面で、「サイト内の全サーバー」が選択されていることを 確認し、「次へ」ボタンを押下する 。

5.名称に適当な名前を入力し、 それ以外はデフォルト設定のままとし、「完了」ボタンを押下する。

6.「公開済みリソース」で、先ほど追加したデスクトップ公開設定を選択し、「フィルター」タブの「フィルタータイプを選択」で「ユーザー」を選択し、 「次のユーザーを許可」をチェックし、「[+] 」ボタンを押下して、アクセス許可をするユーザーを選択し、「 OK 」ボタンを押下する。最後に、正しくユーザーが追加されたことを確認し、「適用」ボタンを押下する

Virtual Desktop Infrastructure (VDI) を利用する場合

本ドキュメントでは取り扱いません。


手順書ダウンロード

ここで紹介した手順は、「Parallels RAS 簡易インストール手順書」としてダウンロードできます。まとまった資料としてダウンロードされたい方は下記よりダウンロードください。

Share this post