Parallels RAS – 簡易インストール手順(4/4)

Parallels RAS – 簡易インストール手順(4/4)

Parallels RAS の簡易インストール手順をご紹介するシリーズ最終回は設定とアクセスについてです。

6.基本設定

ここでは、RAS を利用するうえで、最低限必要となる設定や推奨設定を紹介します。

ブラウザーから利用する場合に、ブラウザー上のみでアプリを利用する。

「ファーム」「ゲートウェイ」でゲートウェイを選択し、タスクメニューよりプロパティ画面を開き、「 HTML5 」タブの「次の方法でセッションを起動」で 、「ブラウザー上でのみアプリを起動 HTML5 のみ」を選択する。

HTML5 のブラウザーから利用する場合に、日本語環境がデフォルトになるように変更。

「ファーム」「 テーマ 」で Default を選択し、タスクメニューよりプロパティ画面を開き、「言語バー」メニューの「日本語」にチェックを入れて、「デフォルトを設定」ボタンを押下する。

ポリシー設定で、 PC キーボードの利用を強制する。

「ポリシー」メニューで、「[+] 」ボタンを押下し、ポリシーのプロパティ画面を表示し、「名称」で適当な名称を入力し、「ポリシーの適用先」で「[+] 」ボタンを押下して、ポリシーを適用するユーザーまたはグループを選択する。
次に、「クライアントオプション」「PC キーボード」ポリシーで、「PC キーボードを強制使用」にチェックを入れ、「キーボードレイアウト」で「日本語」を選択する。

7.RAS Client の設定とアクセス

RAS Client for Windows

1.以下 URL へアクセスし、Windows 64 ビット版 MSI Installers のリンクをクリックし、インストールモジュールをダウンロードする。
https://www.parallels.com/jp/products/ras/download/links/

2.ダウンロードしたモジュールを実行し、「セットアップウィザード」の画面が表示されたら、「次へ」ボタンを押下する。

3.「使用許諾契約書」の画面が表示されたら、「使用許諾契約書に同意します」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する。

4.「インストール先フォルダ-」の画面が表示されたら、デフォルトのまま変更せず、「次へ」ボタンを押下する。

5.「SSO インストール」の画面が表示されたら、 「シングルサインオンコンポーネントは追加されません」をチェックし、「次へ」ボタンを押下する。

6.「インストール準備完了」の画面が表示されたら、「インストール」ボタンを押下する。

7.「インストール中」の画面が表示され、インストールが開始されます。「セットアップウィザードが完了しました」の画面が表示されたら、「Parallels Client の起動」にチェックを入れ、「完了」ボタンを押下する。

8.「Parallels Client」が起動し、「RAS 接続がありません。追加しますか?」の画面が表示されたら、「はい」ボタンを押下する。「新しい接続」の画面が表示されたら、接続先サーバー情報と、フレンドり名に適当な名前を入力して、「 OK 」ボタンを押下する。「ログオン」画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力し、「接続」ボタンを押下する。

9.ログイン後、利用可能なアプリケーションまたはデスクトップアイコンが表示されますので、アイコンを ダブルクリックし 実行する。

RAS Client for HTML5 ブラウザー

1.以下 URL へアクセス し、ログインを行う。
https://xxx.xxx.xxx.xxx/RASHTML5Gateway/

ブラウザーのセキュリティ警告が表示される場合は、無視してアクセスを継続してください。

※RAS はデフォルトで自己署名の証明書を作成して利用します。そのため、ブラウザーによってはセキュリティ警告が表示される場合があります。

■ Firefox の場合

■ Chrome の場合

■ Edge の場合

3.ログイン画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン 」ボタンを押下する 。

4.ログイン後、利用可能なアプリケーションまたはデスクトップアイコンが表示されますので、アイコンをダブルクリックし実行する。

クライアントアクセス時のトラブル

1.「リモートログインを許可されていない」といったエラーメッセージが表示される場合、アクセス先のマシンで、リモート接続の許可がされてないことが考えられます。その場合、「システムのプロパティ」の「リモート」タブで、リモート接続を許可し、ユーザーが正しく選択されているか確認してください。

2.RAS クライアントでアクセスを行おうとすると、 「 A security rule prohibits access 」といったエラーメッセージが表示され、アクセスが出来ない場合があります。このような場合は、最新版の RAS クライアントをインストールし、利用してください。

3.Active Directory を利用 していない環境で、ローカルユーザーで利用する場合、 アクセス先と同じローカルユーザーを、RAS サーバー側にも作成しておく必要があります。

4.HTML5 ブラウザーより初めてログインしてアプリを実行した場合、日本語変換が正常に動作しない場合があります。その場合は、一度ログアウトし再度ログインを行い、日本語入力を試してみてください。


手順書ダウンロード

ここで紹介した手順は、「Parallels RAS 簡易インストール手順書」としてダウンロードできます。まとまった資料としてダウンロードされたい方は下記よりダウンロードください。

Share this post