グラフィック

CorelDRAW – テンプレートの使い方

CorelDRAWのプロジェクトを始めるのにちょっとした助けが必要なとき、テンプレートから始めるのもいいかもしれません。CorelDRAW 2019から、テンプレートのインターフェイスが再設計され、テンプレートを探したり、独自のテンプレートを保存したり、Corelから直接既製のテンプレートのコレクションをインストールしたりできるようになりました。

(more…)

Read more...

CorelDRAW – 作業領域をカスタマイズする方法

ここでは、最もよく使うツールをすぐに使えるように CorelDRAW の作業領域をカスタマイズする5つの方法を紹介します。

まず、CorelDRAW の主なカスタマイズオプションのエリアを確認してみましょう。[ツール] > [オプション] > [カスタマイズ]に進みます。ここでは、表示されるツールバーを制御します。ここでは、新しいコマンドバー(ツールバー)にコマンド(ボタン)を追加します。

(more…)

Read more...

CorelDRAW – 可変フォントを使う

CorelDRAW Graphics Suite 2020では、各フォントファミリで利用できるさまざまなフォントスタイルに加えて、可変フォントがサポートされました。可変フォントとは、基本的にはスタイルの集合体で、デフォルトのマスタースタイルがひとつあり、そのマスタースタイルからの派生のオプションがあります。

(more…)

Read more...

PaintShop Pro – パンプキンアルファベット

この無料のパンプキンをテーマにしたアルファベットのコレクションを使って、タイトル、引用符、ワードアートを作成してみませんか。文字はPNG形式で、写真、グラフィック、ビデオ編集プロジェクトで使用することができます。

(more…)

Read more...

CorelDRAW X7 – 基本的使い方

寄稿:匿名希望様

寄稿者様コメント:私は個人的にマイクログラフィックス「Micrografix」社の時から使っていました。いまは80才過ぎた浪人です。CorelDRAW X3 ソフトから使い始めています。使い方の本は書店で売られていません。CorelDRAW は「ヘルプ」から覚えるしかありません。今は Illustratoの書籍から参考にしています。私の知り得る知識からこのような取扱い本がを作りまさた。皆さんは CorelDRAW の 取扱い本が欲しいのです。ぜひ参考にして下さい。PDF にしてファイルに追加することを希望します。

(more…)

Read more...

CorelDRAW Graphics Suite – タイポグラフィ

by Marc Bech

テキストは、デザインおよびデザインのレイアウトにおいて重要な要素です。テキストはプロジェクトのトーンを決めるため、デザインを考えるにあたり、適切な書体を選択することはとても大切です。CorelDRAWでは、プロジェクトに最も適した書体を選択し、フォント サイズやスタイルを指定できます。また、OpenType® フォントを使用して個性的な独自のスタイルを適用することもできますが、すべてのOpenType フォントが高度なOpenType機能を持つわけではありません。※欧文フォントのみ対応

(more…)

Read more...

CorelDRAW Graphics Suite – カラー スタイル

by Marc Bech

DTPソフトウェアやワードプロセッサ アプリケーションをご使用の方は、スタイル コンセプトに馴染みがあるかもしれません。スタイルを使用すると、ドキュメントを効率的に統一してフォーマットを整えることができ、作業時間を短縮できます。セットアップと制作にかかる時間が削減し、広範囲な変更をすばやく行うことができ、お客様の要求でデザインを変更する時も負担が軽減されます。

(more…)

Read more...

CorelDRAW Graphics Suite – カラーの調和を使用する

by Suzanne Smith

カラー スタイルは調和とよばれる機能グループに結合できます。調和によりカラーを色相ベースの関係でリンクさせ、セットとして一度に変更することができます。調和でカラー スタイルを編集することにより、複数のカラーを一度に変更して異なるカラー スキームやカラースキームのバラエティを簡単に作成したり、作品のカラー構成をワンステップで変更できます。

※ご利用のバージョンによって、製品画面が一部異なる場合があります。

(more…)

Read more...