PaintShop Pro – ボケハートのピクチャーチューブ

PaintShop Pro – ボケハートのピクチャーチューブ

ソフトピンクのボケハートを散りばめて、PaintShop Proのクリエイティブプロジェクトを飾りましょう。

ハートひとつならワンクリック。ランダムに散りばめるならクリックしてドラッグします。


ピクチャーチューブの使い方

ピクチャーチューブツールを使って、オブジェクトを集めて絵を描くことができます。たとえば、ピクニックの設定に蝶やカブトムシを追加したり、花の絵をフレームに入れたりできます。

ピクチャーチューブとは、PspTubeファイルのことです。各ピクチャーチューブファイルは、セルと呼ばれる行と列に配置された一連の画像で構成されています。ピクチャーチューブは、セルの数に制限はありません。ピクチャーチューブツールを使ってペイントすると、PaintShop Proはピクチャーチューブから1つの画像を次々にペイントしていきます。多くのピクチャー チューブは、離散的なイメージを作成するもの (動物園の動物など) や、連続的なイメージを作成するもの (草など) があります。

ダウンロードしたピクチャーチューブは、以下の場所に保存してください。

C:Users\%ユーザフォルダー%\Documents\Corel PaintShop Pro\%バージョン%\ピクチャ チューブ

※注 %ユーザフォルダー%は利用しているユーザー固有のフォルダ名。%バージョン%はお使いの PaintShop Pro バージョン (17, 2020, 2021 など)が入ります。

ピクチャーチューブ を使ってペイントするには

1.ツールバーの [ツール] から [ピクチャーチューブ ツール] を選択します。

2.ツール オプション パレットで、ドロップダウン リストからピクチャー チューブを選択します。

注: ほとんどのピクチャー チューブのプレビューでは、ピクチャー チューブ内のすべての画像ではなく、最初の画像が表示されます。すべての画像を表示するには、目的のピクチャー チューブを選択してからペイントするか、PaintShop Proで.PspTubeファイルを開きます。

3.必要に応じて、以下を調整します。

  • スケール – ピクチャーチューブ内の各画像を縮小または拡大する割合 (10%~250%) を決定し、ステップをスケーリングします。
  • ステップ – 描画する各ピクチャーチューブのセルの中心間の距離をピクセル単位(1~500)で決定します。
  • 配置モード – 画像の配置方法を決定します。[隣接した部分] を選択すると、ステップサイズごとに画像を均等に配置することができ、[ランダム] を選択すると、1ピクセルからステップサイズまでの間隔で画像をランダムに配置することができます。
  • 選択モード – PaintShop Proがピクチャーチューブファイル内のセルから画像を選択する方法を決定します。[方向] はドラッグする方向に基づいて画像を選択し、[順番] は左上から右下に向かって 1 枚ずつ画像を選択し、[圧力] は感圧式タブレットでの圧力に基づいて画像を選択し、[ランダム] はランダムに画像を選択し、[速度] はドラッグする速度に基づいて画像を選択します。

4. 画像ウィンドウで、クリックすると1つのピクチャーチューブ画像でペイントすることができ、ドラッグすると複数のピクチャーチューブ画像でペイントすることができます。

現在のピクチャーチューブの動作をさらに変更するには、ツールオプションパレットの[設定]ボタンをクリックし、[ピクチャーチューブ設定]ダイアログボックスで設定を調整します。

ツールオプションパレットの設定ボタンをクリックすると、ピクチャーチューブ設定ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスを使って、現在のツールオプションパレットの設定を更新したり、現在のピクチャーチューブの外観を変更したりすることができます。ただし、[このピクチャーチューブのデフォルトとして保存]オプションをオンにすることで、設定を恒久的なものにすることもできます。

  • 現在のピクチャーチューブの名前とパス – ピクチャーチューブの名前とパスがこのダイアログボックスの上部に表示されます。
  • セルの配置 – [セルの列] および [セルの行] フィールドには、現在のピクチャーチューブのセルの配置が表示されます。これらの値の範囲は、ピクチャーチューブの作成方法によって異なります。セル合計フィールドは、
    [セルの列] の値に[セルの行] の値を掛け合わせた積を表示します。
  • 配置オプション – これらの設定を変更すると、ツールオプションパレットの対応する設定が更新されます。スケール設定は、一部のピクチャーチューブでのみ使用可能です。
  • このピクチャーチューブの既定値として保存する – [ピクチャーチューブの設定]ダイアログボックスで変更した内容を保存する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスにチェックを入れないと、現在のピクチャーチューブの使用状況にのみ影響します。

ヒント: ピクチャーチューブの要素を編集しやすくするには、別のレイヤーにペイントしておくと便利です。ピクチャーチューブツールは、グレースケールと1600万色の画像のラスターレイヤーでのみ機能します。256色以下のラスター画像にこのツールを使用すると、自動的に適切な色深度に画像が促進されます。ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換するには、「レイヤー」>「ラスターレイヤーに変換」の順に選択します。

Share this post