PhotoMirage – 円形および螺旋アニメーションの作成方法

PhotoMirage – 円形および螺旋アニメーションの作成方法

このチュートリアルではモーション矢印を連続させ、PhotoMirage でを使用して円形と螺旋アニメーションを作成する方法を紹介します。クリック、ドラッグ、およびモーション矢印のリリース時にキーボードの Space バーを押したまま、シーケンス内でモーション矢印を連続的にプロットするための便利なヒントも紹介します。これにより、円または螺旋パターンに連続するモーション矢印をプロットできます。

リソースのダウンロード:
サンプル イメージ(Zip ファイル、4.89 MB)

円形アニメーションと螺旋アニメーションの作成方法

このチュートリアルでは、連続するモーション矢印を使用して、PhotoMirage を使用して円形とスパイラル アニメーションを作成する方法を学習します。

まず、PhotoMirage を開き、[開く]ボタンをクリックして、アニメ化する画像を開きします。

円形オブジェクトの上に円形アニメーションを作成する

この例では、空の背景の観覧車の写真を利用し、円形のアニメーションを作成して、観覧車が回転しているように見せます。

観覧車のフレームに続く標準的なモーション矢印を多数プロットして、円形のモーションを作成します。

  • モーション矢印アイコンをクリックし、画像を拡大表示します。
  • 画像の下部から観覧車の最初の点までモーション矢印をプロットします。

重要な注意事項: モーション矢印を連続して連続してプロットするには、クリック、ドラッグ、リリースの矢印をクリック、ドラッグ、リリースするキーボードの Space キーを押したままにします。これにより、続けてモーション矢印をプロットし続けられます。

  • 観覧車の円形フレームに沿って十分なモーション矢印を作成し、最後までモーション矢印がつながるまで、この手順を繰り返します。
  • 観覧車の下半分の円形フレームでもこれを繰り返し、より均一なスピンを作成し、矢印が最初のセットと同じ方向であることを確認します。
  • アンカーポイントアイコンを選択し、観覧車の周囲にアンカー ポイントをプロットして、モーションがホイールだけに制限されるようにします。

[再生]を押すとプレビューできます。円形の連続したモーション矢印が観覧車が回転しているように見せることができます。

この写真を使ってアニメ化するのに、もう少し付け加えるとしたら、雲の中にいくつかの標準的なモーション矢印を追加することです。

もう一度 [再生] キーを押すと、観覧車が右に回転している間に雲が左に移動しているように見えます。

螺旋アニメーションの作成方法

また、この手法を使用して、円形要素の有無にかかわらず、イメージに螺旋効果を作成して、面白いアニメーションを作成することもできます。

この例では、森の上の星の画像を使用します。また、貝殻、螺旋階段、渦巻き、花のバラの内側の画像にスパイラルアニメーションを追加することができます。

  • 前と同じテクニックを使用して、モーション矢印を反時計回りに空の小さな螺旋としてプロットします。
  • アンカーポイントを円の周りにすべてプロットして、画像の他の領域がアニメ化されないようにします。
  • モーション矢印を使用して、空の反対側を時計回りに進む別のスパイラルを作成します。
  • ここでも、アンカー ポイントを周囲にプロットして、アニメーションを円内に分離します。

好きなだけ螺旋を作成しきましょう!

再生を押すとプレビューが見られます。星が両方向に回転し、画像が生き生きとしてきます。

この記事は、How to Make Circular and Spiral Animations を日本語化したものです。

Share this post