WinZip – データバックアップ正しくできていますか

WinZip – データバックアップ正しくできていますか

すべての組織は、重要な指標を追跡し、ビジネスの成長を推進するための重要な意思決定を行うために、収集し生成するデータに依存しています。

顧客情報、社内人事文書、知的財産はすべて、組織のハードディスクやサーバー、ホスティングプロバイダーを通じたクラウド、またはその両方の組み合わせで保管されています。

これらのデータが失われたり、破壊されたりすると、企業はさまざまな悪影響に直面することになります。

多くの企業は、データのバックアップとリカバリプランの重要性を理解していますが、多くの企業は、データのバックアップサーバーをサイト上に置いたり、ハードディスクやその他のストレージデバイスハードウェア に保存したりしています。

機密データを扱う規制の厳しい業界では、データのバックアップとストレージプランの管理をオンプレミスのIT担当者に頼っているのが一般的です。

例えば、医療機関では、IT予算の64%をローカルのデータバックアップハードウェアと、データを手動でバックアップするために必要な技術者の時間に費やしているところもあります。

金融や保険の世界では、国や業界の規制があり、多くの機関がサードパーティのデータストレージに対する懸念から、従来のバックアップアーキテクチャに固執してきました。

クラウドプロバイダーはこの懸念に応え、規制遵守と機密性の高いデータのセキュリティ要件を満たすためのコントロールに投資していますが、多くの企業は依然としてオンプレミスのソリューションを使用しています。

データバックアップソリューションが重要な理由

ファイルのバックアップは、データ消失時に簡単に取り出せるようにデータのコピーを作成します。これにより、ファイルの破損、ユーザーエラー、システム障害、その他のデータ損失の原因によって、組織のデータセキュリティが損なわれることがなくなります。

多くのオンプレミス型ソリューションは、自動クラウドバックアップオプションを提供していない場合があり、機密性の高いビジネスデータを永久に失うリスクを増大させる可能性があります。

適切なデータバックアップソリューションがなければ、ファイルや情報にアクセスできなくなる可能性があります。データコピーを複数のフォーマットと場所に保存することで、一次データの損失や破損が発生した場合でも、業務上のリカバリを確実に行うことができます。

以下の例は、データ障害発生時に別のシステムと場所を使用することが重要であることを示しています。

自然災害

自然災害の増加に伴い、データ保護のための対策はこれまで以上に重要となっています。例えば、ハリケーン「ハービー」では、スタッフが医療患者を避難させる際、医療記録を置き去りにせざるを得ませんでした。

火災地震竜巻はすべて、組織を混乱に陥れる可能性があります。自然災害によってデータの保存場所が損傷したり破壊されたりした場合、リモートバックアップソリューションがなければ復旧はほぼ不可能です。

データ漏洩

バックアップファイルのセキュリティに関して、企業は妥協しないことが必要です。2021年第2四半期にデータ漏洩が38%急増し、この数字はさらに増加すると予想されています。安全なファイルバックアップがなければ、データ損失のコストは一部の企業の手に負えないものになるかもしれません。

データ損失を経験した企業の半数以上が6カ月以内に倒産し、事業を継続する企業は損失からの復旧に平均400万ドル以上を支払っています。

さらに、データ損失によるダウンタイムは企業の収益性に影響を与え、たった1時間のダウンタイムで大企業は約70万ドルの損失を被ることになります。

ファイルレベルでデータを暗号化するオフサイトの自動データバックアップソリューションを導入している企業は、損失のリスクを最小限に抑えることができます。

不満を持つ従業員がハードディスクを会社の敷地から持ち出しても、クラウドストレージから簡単にデータを復元することができます。ハッカーが何百万もの暗号化されたファイルを盗んだとしても、自動的にバックアップされたデータベースがデータを復元することができます。

注意しなければならないのは、自動バックアップはデータのコピーを提供するものの、盗まれたデータ自体は悪用の危険があるということです。データが悪用されないようにするために、組織はファイルポイントセキュリティソリューションを取り入れる必要があります。これにより、IT管理者は、紛失、盗難、またはその他の危険にさらされたデバイス上のデータをリモートで消去または破壊することができます。

物理的なアクセス制限

COVID-19の感染拡大から学んだこととして、社員が現場にあるデータに物理的にアクセスできることに依存してはいけないということです。

ソーシャルディスタンスと検疫が実施されたため、企業は従業員が社外からデータにアクセスできるようなリモートワークのソリューションを見つけるために奔走しなければなりませんでした。

最近の報告書によると、データセキュリティ対策を強化せずにリモートワークに移行した企業は、情報漏えいの特定と阻止に時間がかかったといいます。

リモートワークの普及に伴い、IT管理者は、自宅のパソコンやモバイル機器など、社員のデバイスに保存されているデータのバックアップと保護の方法を検討する必要があります。

データバックアップソリューションの評価で問われること

適切なデータバックアップソリューションは、あらゆる事業継続戦略の重要な要素です。データ損失を回避する方法は数多くありますが、万能な解決策はありません。バックアップの種類を検討する際には、以下の点に留意してください。

1.バックアップ方法

データバックアップには、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの3つの主要な方法があります。

  • フルバックアップは、既存のすべてのデータファイルのコピーを作成します。この方法は最も包括的で復旧時間が早い反面、最も多くの記憶容量を消費し、バックアップ時間も最も遅くなります。
  • 差分バックアップは、オリジナルのフルバックアップ以降に追加または編集されたファイルのみをバックアップします。この方法は、他の方法と比較すると、必要なストレージ容量、バックアップ速度、および復元速度が中程度です。
  • 増分バックアップは、最後のバックアップ以降に追加または編集されたデータのみをコピーします。この方法は、他の方法と比較して、バックアップ速度が最も速く、必要なストレージ容量が最も少なく、復元時間が最も遅い方法です。

2.管理者や社員はこのソリューションを使うのか

使いやすさは、従業員がどれだけ早くそのソリューションを採用するかに直結します。適切なバックアップソリューションは、従業員がオフィスにいても、リモートで作業していても、簡単にアクセスできるものでなければなりません。

ファイルをバックアップする手順が複雑すぎたり、時間がかかったりすると、従業員は定期的にその手順を実行しないかもしれません。自動バックアップを可能にするソリューションは、この問題を解決し、設定されたスケジュールでデータをバックアップすることを保証します。

ファイルバックアップのプロセスは、包括的で、変化するデータ量の要件に対応するために拡張できるものを探してください。また、ローカル、オンプレミス、クラウドなど、複数のタイプのバックアップを提供する必要があります。

バックアップファイルを保存するためのこのハイブリッドアプローチは、ローカルバックアップのスピードとコントロールの向上と、クラウドバックアップの柔軟性とスケーラビリティを組み合わせて、組織に提供します。

3. バックアップは暗号化可能か

データの暗号化により、組織のファイル、情報、その他の貴重なデータへのアクセスを制限することができます。この保護処置により、紛失、破損、盗難にあったデータを、権限のあるユーザーのみが復元できるようになります。

暗号化バックアップの作成には様々なオプションがあり、バックアップファイルの種類、ストレージ環境、適用される業界または規制要件などの要因によって、最適な方法を見つけることができます。

データ暗号化の主な形態は、フルディスク暗号化とファイルベース暗号化の2つです。

  • フルディスク暗号化とは、ハードウェアレベルで暗号化し、適切な認証キーがなければアクセスできない形式にデータを変換するものです。このタイプの暗号化は、デバイスやサーバーを紛失、盗難、OSの脆弱性から保護するのに役立ちますが、ディスクレベル以上のものは暗号化されません。システムが侵害された場合、悪意ある者はすべてのファイルのコンテンツとメタデータにアクセスすることができます。
  • ファイルレベルの暗号化では、ディスク全体を越えて、個々のファイルやディレクトリを暗号化します。暗号化されたファイルは、許可された個人のみがアクセスできるため、ファイルベースの暗号化は安全なファイル共有の重要な構成要素となっています。

WinZip Enterpriseは安全でカスタマイズ可能なデータバックアップを提供します。

企業規模や業種に関係なく、すべての組織は機密情報や貴重な情報を保護するためにデータのバックアップが必要です。WinZip® Enterpriseは、銀行や軍事レベルの暗号化および自動ファイルバックアップ機能により、システムのセキュリティを強化します。

また、このソリューションではデータ圧縮が利用でき、バックアップストレージにより多くのファイルを収めることができるため、データストレージのコストを削減することができます。

WinZip Enterpriseは、クラウドストレージ連携、SharePoint連携、仮想ドライブファイルのサポートなど、企業レベルの独占的な機能を多数提供します。クラス最高の暗号化機能で機密データを保護するため、世界中で10万社以上の企業から信頼を得ています。

主要なクラウドストレージプロバイダーとのネイティブな統合を特徴とするWinZip Enterpriseは、Box、Dropbox、Google Drive、Microsoft Teamsなどの一般的なクラウドストレージサービスや通信プラットフォームでデータの管理、暗号化、共有を簡単に行うことが可能です。

また、IT管理者がクラウドサービスやソーシャルメディアへのアクセスを制御できるため、ユーザーが未承認のプラットフォームでファイルを共有したり、未承認のプラットフォームを通じてファイルを共有したりするのを防ぐことができます。

WinZip Enterpriseは、全ユーザーのパスワードポリシーや暗号化要件などのIT部門で制御可能で、組織のセキュリティ標準への準拠を保証します。

また、高度にカスタマイズ可能なソリューションであるため、IT管理者はビジネス目標をサポートする機能のみを有効にし、制限された機能へのアクセスを防止することができます。これにより、ITチームのセキュリティ管理プロセスが簡素化され、組織のデータとファイル共有環境を完全に制御することができます。

WinZip Enterpriseのビジネスにおける利点について、詳しくはこちらをご覧ください。

この記事は、Do You Have the Right Data Backup Solution in Place? | October 22, 2021 を翻訳したものです。

Share this post