VideoStudio – 3Dムービー

VideoStudio – 3Dムービー

3Dビデオファイルの作成方法を紹介していきます。本ソフトでは、専用のテレビとメガネが必要なサイドバイサイド形式と、赤青メガネで楽しめるアナグリフ形式の3Dムービーの作成が可能。高価な機材が不要で、手軽に楽しめるアナグリフ形式の対応が大きなポイントです。ちなみにアナグリフ用のメガネは、100円ショップで手に入れたり、赤や青セロファンと画用紙で制作できるので、ぜひチャレンジしてみてください。3Dムービーの作成方法は非常に簡単。通常どおりビデオ編集を行い、最後に〈完了〉タブから3D出力の項目を選択するだけでOKです。

※ご利用のバージョンによって、製品画面が一部異なる場合があります。

01.

ムービーを編集したら、(1)〈完了〉タブを選択。(2)「ビデオファイルを作成」をクリックし、メニューから(3)〈3D〉を選ぶと、DVD・ブルーレイ・AVCHD・WMVの3Dファイルの作成が行えます。

02.

形式を選択すると、ファイルの保存先を指定する画面が表示されます。ここでは、まず(1)「オプション」ボタンをクリックします。

03.

オプション画面では、アナグリフ形式かサイドバイサイド形式かの選択が行えます。また、3Dの深度も調節可能です。設定したら「OK」ボタン→「保存」ボタンで3Dファイルの作成が開始されます。

04.

3Dファイル作成後、ムービーを再生してチェックします。立体感が足りないと感じたら、深度の数値を高くしてファイルをもう一度作成してみましょう。


YouTubeにアップする

さらにVideoStudioでは、作成した3Dムービーを直接YouTubeにアップロードすることが可能。手順は出力時に「YouTube 3D」を選択するだけの簡単操作です。

01.

ビデオ編集が完了したら、(1)〈完了〉タブをクリックし、(2)「オンラインアップロード」を選択します。

02.

あとはYouTubeへのアップロード手順と同じです。ユーザーIDやパスワードを入力し、タイトルなどをつけてアップロード作業を行いましょう。

Share this post