VideoStudio – ペインティングクリエイターの利用法

VideoStudio – ペインティングクリエイターの利用法

Corel® PaintShop Pro® の幅広いブラシを使って、ユニークなカスタムアニメーションオーバーレイを作成したり、強化されたペインティングクリエイターを使って、あなたの秘めたるアーティストを開花させましょう。このツールは、作業中にブラシストロークを記録するので、完成した作品を静的なグラフィックとして、またはライブペインティングとしてビデオに追加することができます。

ペイントクリエーターを使って、移動経路をアニメーション化したり、背景にパーティクル効果を追加したり、ユニークなクリエイティブ効果を追加して、次のビデオプロジェクトに役立てましょう。

VideoStudio – Painting Creator
https://www.youtube.com/watch?v=KN84tbon2m0

ペインティングクリエイターの使い方

ペインティングクリエイターを使えば、アーティストの内なる才能を発揮して、自分だけの筆文字アニメーションを作成してプロジェクトに落とし込むことができます。

早速、その方法コンテンツを見ていきましょう。

ペインティングクリエーターはメインツールバーからアクセスできます。アイコンをクリックすると、タイムラインに表示されているコンテンツがペインティングクリエーターのインターフェイスに読み込まれ、参考にしたり、背景をトレースしたりすることができます。

ペインティング クリエイターにはアニメーションと静止画の2つのモードがあります。アニメーションでは、「記録」を押すと筆跡が記録され、「停止」を押すと完成したアニメーションが右側に表示されます。またはここで静止画モードを選択し、任意の瞬間にスナップショットを取ってみます。

それでは、ペインティングクリエーターの使い方を見ていきましょう。

ペインテッドテキスト

ペイントされたテキストを作成する最も簡単な方法は、タイムライン上に入力されたテキストの上をトレースすることです。テキストクリップやグラフィックの上にカーソルを置き、ペイントクリエーターを起動します。また、参照画像は何でもいいので、現在のプレビューペイン以外の画像にしたい場合は、このアイコンからグラフィックをインポートしてください。気に入ったブラシを見つけ、色を選び、テクスチャを追加し、フリーハンドか直線か、ブラシのサイズ、透明度を選択します。背景の不透明度は、参照画像の透明度です。この画像からブラシの色をサンプルしたい場合は、これを 100% に設定してからスポイトを使用します。設定で「参照画像を背景画像に設定する」にチェックを入れない限り、背景画像は完成したアニメーションには表示されません。テキストアニメーションの練習が終わったら、キャンバスをクリアにして録音ボタンを押してください。

設定やツールを変更しても、画面上の筆跡だけが記録されるので、時間や中断を気にする必要はありません。間違えても、「元に戻す」をクリックするか、「CTRL-Z」を押すだけで記録されません。

録画が終わったら、「録画を停止」をクリックすると、アニメーションがギャラリーパネルにロードされます。

タイムラインに戻った時にアニメーションを透明にして、その下にビデオを表示させたい場合は、優先的にレイヤーモードが有効になっていることを確認してください – 無効になっている場合、アニメーションの背景はデフォルトの背景色になります。

もし無効になっている場合は、アニメーションの背景色がデフォルトの背景色になります。テキストの場合は、アニメーションが終了した後にテキストを読む時間を確保するために、最後のフレームを繰り返すのも良いでしょう。タイムラインに戻り、アニメーションの後にこのスチルをドラッグしてください。

カスタムリヴィール

リーク動画を作るには、一旦リバースするアニメーションを作ることになります。例えば、背景画像をゆっくりとハートで覆ってから、タイムラインに戻ったら、タイムラインにドラッグして、ダブルクリックしてクリップオプションを開き、[ビデオを逆再生]を選択します。

あるいは、2つのクリップの境界線上にある同じアニメーションを反転させたバージョンのアニメーションと、前方に表示するアニメーションをペアにすると、カスタムワイプが完成します。

吹き出しグラフィックス

また、何かを強調して表示したい場合は、グラフィックに描画して表示することもできます。ここでは、フリーハンドではなく直線を使いたいので、アイテムを描いてからスナップショットをクリックします。被写体の動きが激しい場合は、モーションをカスタマイズして、クリップの中で呼びかけている内容に沿った動きになるように、作品の進行に合わせて移動させることもできます。

ブラシ

ブラシは非常に多くの種類があり、中には追加のプロパティを持っているものもあります。

例えば、ステップ (マウスを動かすたびにブラシが繰り返される頻度) があるものもあります。また、ヘッドローディング機能を搭載しているものもあります。

他の VideoStudio ユーザーのブラシや Corel PaintShop Pro のブラシをインポートしたり、独自のブラシを作成することもできます。これを行うには、キャンバス上のどこかで組み合わせたいブラシの 1 ストロークをペイントし、[ブラシチップの作成]を選択して名前を付け、[カスタムブラシ]で使用できるようにします。

この記事は、Using Painting Creator を訳したものです。

Share this post