Parallels® Remote Application Server(パラレルス リモート アプリケーション サーバー)

Parallels®
Remote Application Server


概要

Parallels® Remote Application Server(RAS)18 は、Windows 仮想デスクトップ エクスペリエンスを統合して充実させ、FSLogix プロファイルコンテナーをサポートします。また IT サービスの配信を大幅に改善し、インフラストラクチャに関係するコストを削減します。(それぞれをクリックすると、Parallels RASの紹介ページに遷移します)



新機能

Windows Virtual Desktop
(WVD) との統合

Parallels RAS の設定・展開が Windows Virtual Desktop と統合され、一元化されたコンソールから実現可能

FSLogix プロファイル
コンテナーの統合

FSLogixプロファイルコンテナーの設定・管理が一元化されたコンソールから実現可能

自動的な
イメージ
最適化

あらかじめ組み込まれた、自動的なイメージ最適化機能により、稼働までのコストを削減可能

ユーザー エクスペリエンス
評価機能と高度な
セッション測定基準

新たなUX評価機能、高度な測定基準が追加され、ユーザの問題をより素早く改善可能

ローカル ストレージへの
RDSH と VDI の配信

テンプレートを使用して、Microsoft Hyper-Vホストにローカルベースでクローンを展開可能

管理
ポータル

外出先での作業が可能なようにモバイルも含め、管理ポータルが大幅に拡張

その他の注目すべき機能

RASにはその他にも注目すべき機能が満載です。こちらからご確認頂けます。


ビジネスユーザーの声

ビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」では、集まったリアルユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid」を展開しています。


詳しく知る

12月に予定されておりますリリース前のβ版での検証などは、こちらからご参加ください。

英語になりますが、新機能紹介ウェビナーが予定されています。詳細はこちらをご参照ください。