Parallels® Remote Application Server(パラレルス リモート アプリケーション サーバー)

Parallels®
Remote Application Server


概要

Parallels® Remote Application Server(RAS)18.1 により、ユーザーのセッション管理を改善し、エンドユーザーのリモート PC へのアクセスを簡素化できます。さらに、Windows Virtual Desktop の統合に関する新機能が導入されており、Apple M1 および Intel チップ上でのネイティブ動作に最適化された Parallels Client for Mac を利用可能です。(それぞれをクリックすると、Parallels RASの紹介ページに遷移します)



新機能

複合的な
ユーザーセッション管理

セッションカテゴリーが新しくなりました。RD セッションホスト、VDI、Azure Virtual Desktop、リモート PC などホスト先に関わらず、すべてのユーザーセッションと関連するセッションの詳細をまとめて表示できます。

セルフサービス型の
リモート PC アクセス

エンドユーザー側のセルフサービスで、任意の Windows PC を Parallels RAS ファームに登録し、対応する公開済みデスクトップを自動で作成できます。

Azure
Virtual Desktop

Windows Virtual Desktop の統合がより強化されました。ホストプールごとにホストサイズを変更したり、RDP Shortpath を利用して UDP ベースの直接接続を行ったりできます。さらに、SAML(2.0)SSO も利用可能です。

M1/Intel チップ搭載 Mac 対応の
Parallels Client

Parallels Client for Mac は、Apple M1 および Intel ベースの Mac デバイス上でネイティブに動作するように再構築および最適化されています。これによりエンドユーザーのパフォーマンスが向上しています。

動的なセッション
解像度の更新

ウィンドウモード時にリモートデスクトップセッションの解像度を動的に更新できます。セッション再接続の必要がないため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

双方向のクリップボード
およびファイル転送制御

ユーザーがリモートセッションからローカルデバイス側にデータコピーまたはダウンロードできないようにして、セキュリティを向上させます。一方、ローカルデバイス側からリモートアプリケーションへのデータコピーまたはアップロードは許可することができます。

その他の注目すべき機能

Parallels Desktop 18.1 には他にも注目すべき機能が含まれています。

  • 細分化された多要素認証の設定
  • 公開済みリソースのメンテナンス
  • Yubico – YubiKey(PIV)のサポート
  • テナントブローカー: 単一のテナントで複数のアドレスを利用

英語でのプレゼンテーションになります。[設定]-[字幕]-[自動翻訳]-[日本語] を有効にしてご視聴ください。YouTube の自動翻訳による翻訳が字幕で表示されます。


ビジネスユーザーの声

ビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」では、集まったリアルユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid」を展開しています。


詳しく知る

トライアル(体験版)のダウンロードはこちらからどうぞ。

英語になりますが、新機能紹介ウェビナーが予定されています。詳細はこちらをご参照ください。


カタログ・データシート

お問い合わせ・購入相談窓口